Smiley face;
Smiley face
Smiley face
Smiley face
Smiley face;

このプロジェクトについて

このプロジェクトは日本とブルガリアの文化交流、両国のデザインや衣装の歴史をベースに相互に文化理解を深めること目的として、衣服を両国共通の言語にします。ブルガリア・ソフィアにベースを構えるコンセプチュアル・デザイナーズ・プラットフォーム “IVAN ASEN 22”をプロジェクトチームの核としていて、プロジェクトの作品タイトルを+は7hours”と名付けました。

このプロジェクトでは次のようなプロセスでプロジェクトは展開します。
☞プロジェクトのキー・アイテムとなる着物とそれにまつわる歴史や思い出を日本で募集します。対象は日本の伝統的着物で、着物オーナーが着物にまつわる歴史や思い出、ストーリーを添えて応募されるものの中から数点を選びます。この10点の着物がこのプロジェクトの出発点“+0hours” です。

☞出発点“+0hours”で得た着物からのインスパイアリングを元に、ブルガリアのファッション・デザイナー及び日本からの応募者がコンセプチュアル・デザイン・ワークを1点ずつ制作します。

☞このコンセプチュアル・デザイン・ワークの作品展を開催します。作品展はブルガリア・ソフィアのコンテンポラリー・アート・ミュージアムほかブルガリアを巡回し広くブルガリアの方々に出発点“+0hours”の日本の着物文化を知る機会になります。
これら一連のアウトプットはEU Japan FestとNAOSにより欧州文化都市事業2019の一環として、欧州文化都市に指定されているプロヴディフ(ブルガリアの歴史的都市)市における日本文化紹介事業の一つに認定されている他、日本大使館及びブルガリア大使館の後援を得ています

本プロジェクトは日本とブルガリアのアーティストによるコラボレーションです。

コンセプト

「伝統の継承」と「技術的革新」、このプロジェクトにあたり、ブルガリアのプロジェクトメンバーが日本を捉える鍵としたのが、この二つを複合させたコンセプトです。

作品のタイトルである“+7hours”は文字通り、日本とブルガリアの時差であり、時間を超越して未来のユートピアを想像させる日本につながるものでもあります。ブルガリアのチームメンバーは7日間のリサーチ・トラベルとして東京滞在の期間、スチールやムービーの撮影、毎日のインテンシヴなミーティングと深い観察を行い眠ることも忘れて日本という環境や文化を理解しようとしました。この意味からも7はこのプロジェクトのシンボリックな数字でもあります。

私たちを駆り立てるもの…

続きを読む

連絡先

nelmit@yahoo.de

日本からのゲスト・デザイナー募集

Be our Japanese designer!

このプロジェクトではキュレーターがブルガリアの新進デザイナー9名を選び作品のデザインにあたる他、日本からも1名のゲスト・デザイナーをフィーチャーします。
それぞれのデザイナーが1つのコンセプチュアル作品をデザインし、その作品が作品展に展示されます。また、このコンセプチュアル作品をテーマにしたファッション・ムービーが制作され、作品展でも上映されます。作品展の展示とファッション・ムービーは2019年の欧州文化都市行事の一環としてブルガリアのプロヴディフ市で2019年秋から展示・上映が開始され、2020年には東京及び大阪など日本の複数の都市で展示、上映が行われる予定です。

コンセプチュアル・ファッション
このプロジェクトの表現手法の主役は衣服です。機能性や実用性を追い求める衣服としてではなく、プロジェクトのテーマを表現するアート作品です。

インスピレーション

私たちの衣服となる繊維や布地ははかなくもあり、長持ちするものでもあり、また瞬間を映し出す鏡でもあれば、私たち自身の無限さを映し出すものでもあります。日本の古来の着物について言えば、その哲学や感性を高次元で具現化したものであり、純粋に思い出や日本の精神を呼びおこし、私たちに伝えてくれるものです。衣服は時間や空間を超えて一つの社会から別の社会への新しい生活や新たな意味を刺激するものです。

伝統的民族衣装から始まるもの:
ブルガリアの民族衣装と日本の着物。デザイナーはその形、シルエット、ディテールだけでなく、それらの意味や理解の仕方、衣類に込められた象徴、それぞれの違いとつながりにインスパイアされます。

日本の着物とそのオーナーの着物にまつわる思い出がデザイナーにとって最も大切なインスピレーションになります。
それぞれのデザイナーは着物のオーナーと着物、そして着物にまつわる想い出を受け取り、これがデザイナーのデザインの着想のもとになります。


デザイナーは着想に加えて自身でテーマの幅を広げ、リサーチを行います。
トラディショナルとルーツ:伝統的衣装(日本の着物とブルガリアの民族衣装)とそのデコレーション・モチーフ、シンボルや目的、儀式や宗教性、時代を超えて発展;その他の伝統的要素、文学や工芸・工芸技術、芸術や音楽の発展…

日本とブルガリアのコンテンポラリー:都会の環境、街中や郊外、現代のカルチャーと現代社会の現象

日本とブルガリアの伝統と現代における美の理想とそのトレンド

応募方法と締め切り

– 応募方法 webサイトの応募フォームに必要事項を記入のうえご応募ください。
締め切り 2019年4月30日締め切り









– 提出物  不明

– 選考  2019年05月03日までに本プロジェクトのデザイナー1名を決定して本人に直接ご連絡いたします。また選ばれたデザイナーは自身のテーマとなる着物とそのオーナーの着物に関するストーリーが課題として提供されます。

作品の納品 2019年6月30日までに本プロジェクトオフィスの日本オフィスに作品を提出して頂きます。ご提出先などの詳細選定されたデザイナーのご本人に直接ご連絡いたします。

着物オーナーの皆様へ

貴方の着物と想い出が世界を巡る!

貴方の着物とその着物にまつわる想い出をデザイナーのインスピレーションにしてみませんか?

デザイナーがインスピレーションの核とするのが絹を中心とした日本の着物です。着物はその持ち主のために作られ、その人と共に時を刻み、その人の一部となり、やがて着物はその人の人生を物語るものとなり、一つ一つの着物が日本の歴史と文化的遺産の一部となります。

日本の着物オーナーの皆さまにご自身の着物とその着物にまつわるストーリーをご応募頂き、本プロジェクト事務局で10着の着物を選定し、デザイナーのテーマとします。

デザイナー1人に一つの着物とストーリーがテーマとして提供されます。

デザイナーはこのテーマに着想を得て、着物とストーリーについてリスペクトをもって理解し、自分なりのデザインを創造し、現代の表現手法である衣服のデザインとして表現します

本プロジェクトのアートチームは着物の柄や生地、その着物にまつわる想い出や物語をもとに10着の着物をテーマとして選びます。選ばれた着物のオーナーの方には着物を国内にある本プロジェクト事務局までご送付いただきます(送り先と方法などの詳細は個別に直接ご案内いたします)。

テーマとなる着物は、本プロジェクトで制作される衣装創作と共に展示の一部として、2019年欧州文化都市のプロヴディフ市における展示のほか、2020年に東京ほか日本の各地での展示会で展示されます。2020年秋の展示終了(予定)まで着物はお返しできませんので、ご了承いただける方のみご応募ください。

応募方法と締め切り

– 2019年4月15日までに①氏名、②生年月日、③メールアドレス、④携帯電話番号、⑤着物の写真3点(正面、横、後ろ側)、⑥着物にまつわる想い出などストーリーを1000字以内(日本語)で記載しフォームから申し込んでください。










– 2019年4月20日に10点の着物がテーマとして選考され、選ばれた着物のオーナーの方に直接ご連絡を差し上げます。

– 2019年4月30日~日の間に着物をご連絡する住所に宅配便などでお送りください。
ファッション・ムービー制作
2019年7月、各デザイナーの制作物の撮影とファッション・ムービーの撮影をソフィアで行います

プロジェクト・チーム・メンバー

ブルガリア・メンバー

ネリ・ミッテワ – コンセプチュアル・デザイナー・プラット・フォームIVAN ASEN 22のアートディレクター、ファッション・デザイナー、キュレーター
Neli Mitewa graduated in Fashion Design from the University of Applied Sciences and Design in Trier, Germany. She develops her own collections under the brand “nelmit”. She also works as a freelance designer, in the field of teaching (with experience as a fashion design professor at AMD Akademie Mode & Design Munich), consultations on designer concepts, fashion journalism and costume design. The prizes she won at international competitions include the Design-Innovation-Award of the North Rhine-Westphalia Economics Ministry, her qualifications for the Finals of the Smirnoff Fashion Awards, GRAND PRIX INTERNATIONAL FASHION DESIGN BERLIN 2003, etc. In 2007 and 2009, GRAZIA magazine nominated her fort he award “Woman of the Year” in the Design category. In 2007 she created IVAN ASEN 22 as a conceptual platform for the presentation of young progressive fashion designers in Sofia, and in 2009 she founded IVAN ASEN 22 Foundation for presenting and supporting contemporary designers and is her artistic director and curator. In her collections she is interested in the transformability of the form (“GAME-à-porter”) and in telling personal stories through clothing (“Watch your Back”). Characteristic of her work as a designer is her own proprietary draping technique and her experimental construction systems. Since 2015, she has focused her interests in the direction of conceptual fashion and its role in the context of contemporary arts. In 2018, Neli Mitewa won the “BIG SEE INSPIRATIONAL-VISIONARY AWARD”, granted by Zavod BIG, Centre for creative economy of Southeast Europe in Ljubljana, Slovenia, for her achievements in the development of the Southeast European designers’ scene.
イルメナ・チチコヴァ – 女優, 本プロジェクトのファッション・ムービーのメインキャスト
Irmena Chichikova is a Bulgarian freelance actress, born in Plovdiv in 1984. She graduated from French Language School and the National Academy of Film Arts. She has been performing in theatre, cinema and television, as well as modeling. She took part in multiple performances in theatres across Bulgaria and has been a solid member of Theater Lboratory Sfumato, Sofia. In the last few years, she was the leading female actress in couple of features, among which are “I Am You” by Peter Popzlatev and “Viktoria” by May Vitkova. Both films were highly appreciated at many international forums and festivals, including selections in Sundance and Rotterdam and screenings at the Shanghai Film Festival and EU Film Days in Tokyo, where “I Am You” was presented in 2014. Her last feature “Touch Me Not” by Adina Pintilie has won the Golden Bear and Best First Feature at the 68th Berlinale Film Festival in 2018.
アレクサンダー・ゲオルギノフ – ファッション・デザイナー、スタイリスト、本プロジェクトの脚本家・ディレクター
Alexander Gerginov graduated in Fashion Design from the National Academy of Arts in Sofia, Bulgaria. In 2005 he defended his PhD in History of fashion illustration. He works as designer and creative director of ladies’ and men’s fashion for several fashion brands. Since 2008 he has been teaching painting, fashion design and costume history at the Professional High School of Clothing in Sofia and since 2010 he has been leading classes of fashion illustration and fashion portfolio in the Art Academy in Sofia. Over the past few years he has been lecturing and holding workshops related to fashion illustration and contemporary drawing techniques in Germany, Lithuania and others. As a designer, he is also working on his own brand Ham & Eggs, while he is also involved as co-designer of CSC- Conceptual Sporty Chic, a joint brand with Natalia Jivkova. His passion for fine and applied arts results in a number of exhibitions and art projects shown in Bulgaria, Germany, Austria, Russia, the Czech Republic, England, Serbia, Macedonia, South Africa and others.
モムチル・タセフ – 舞台監督、本プロジェクトのファッション・ムービーのプロダクション・デザイナー、展示会のインテリア・デザイナー 日本メンバー
Momchil Tasev graduated from “Stage and Screen Design” at the National Academy of Theatre and Film Arts-Sofia in the class of Prof. Maria Dimanova. He is co-founder and co-owner of “Pistolet” design studio, which in the past years specialized in the realization of TV studios, advertising sets and film set design. Over the years he worked successfully with the Bulgarian National Television, building the design of some of the most watched shows, as well as with a number of private TV channels. Since 2016 he has been working as a major artist in the advertising industry. His work on the advertising for the fashion brand Strellson in 2017 was awarded with a nomination in the Art Department category of the German Advertising Awards. In 2016 he was invited as the main production designer for the children’s feature film “Lilly the Little Fish”, which in 2017 won the Best Film Award in Europe. He also works as independent artist in the fields of painting and installation.
佐藤豊美 – 本プロジェクトのプロデューサー
Toyomi Sato graduated from the University of the Sacred Heart majored in Japanese literature. She has been anchorwoman on TV. She studied political science in the University of Rome La Sapienza and has then worked as researcher in the Ministry of Foreign Affairs.
She has run a successful own business in trade and became one of the founders of the cultural association Foedus in Rome, founded 2003. Toyomi Sato has worked for global business strategy consulting as well as for buy out fund companies. Since 2008, she is managing her own business strategy consulting company while coordinating various cultural events tied up with commercial promotions.
ベンジャミン・ハン – 写真家
Benjamin Hung graduated in New Media Arts focusing on Digital Design & Photography in Australia. During his studies, he assisted many commercial Australian photographers in a wide spectrum of photography categories. From commercial branding to fashion editorials, Benjamin is able to learn and develop a wide range of photographic styles and experiences.
Benjamin currently works in Tokyo, Japan as a freelance commercial and fashion photographer. He has worked with a wide range of brands and companies such as teamLab, Andreas Ingeman, FancyHim and iSkin New York.
上本巨志 – 音楽家 – DJ, 本プロジェクトのファッション・ムービーの作曲を担当
Ohshi Uemoto started playing piano when he was 4 years old and he started studing composion when he was junior high school student. He graduated Tokyo College of Music. He majored in composion and he studied under japanese composers, Shigeaki Saegusa, Katsuhisa Hattori, Reijiro Koroku and Akira Senju. He often has his own piano concert mainly in Tokyo and his hometown Hiroshima. In 2019 he composed the soundtrack for Japanese short film “Chichi to Musume de Kanaderu Kiseki no Utagoe” directed by Sigenao Sato, starring Ryo Horikawa (actor & voice actor) and Miu Shitao from AKB48 team8. He is also well-known person in Harajuku subculture fashion scene and Tokyo underground party scene. In 2015 he modeled for japanese fashion brand 6%dokidoki produced by japanese art director Sebastian Masuda and he appeared in Sebastian’s show. He is often snapped by some japanese fashon magazines and “Tokyofashion.com”. In 2016 he started playing DJ at Tokyo underground parties, Tokyo Decadance, Sweet Dreams, Trump Room and etc. He seeks his own expression through both music and fashion.
小林綾子 – 本プロジェクトのファッション・フィルムの東京・ソフィアにおける撮影担当カメラマン、ディレクター
Ayako studied art and fashion at Tokyo Kasei University. Upon graduation, she worked in a professional public high school as a teacher of home economics for 6 years. There, she directed the fashion show of the cultural festival. At the same time, she started taking portrait photographs. In 2014, she changed her work and travelled to various countries with her camera. After her career change, she has learned video editing from the film director,Yosuke Hosoi. Since then, she has been shooting travel programs, TV commercials, Web commercial, and music videos. What she wants to capture is the person’s real character, which can be seen only in the close relationship.
水野亮平 – ビデオ・アーティスト、ディレクター
Mizuno first started his career as a professional break dancer. At the same time of his debut in dance career, he studied Viticulture and Oenology for wine making in the University of Adelaide, Australia. His appreciation and fascination towards wine continues to grow and is expressed through his occasional wine events held with collaboration with sommeliers. After creating small videos portraying the lifestyle of modern break dancers in Adelaide, he pursued his career in larger scaled film and advertisement production in Tokyo, Japan. Mizuno recently started directing after working as an assistant director for international advertisements for clients such as Apple, Levi’s, Marriott group, Phillip Morris as well as for the Hollywood movie ”The Earthquake bird” and English TV series “Giri/Haji” shot in Tokyo.

パートナーズ

“+7hours”
欧州文化首都プロヴディフ2019、EU・ジャパンフェスト日本委員会からの支援、ESTHEDERMのご協賛のほか、在東京ブルガリア大使館の後援を得ています

 

東京・ソフィア

COMING SOON…

デザイン

COMING SOON…

フィルム

展示会

COMING SOON…

日本2020

COMING SOON…